「囚われ!アイドルプリズン」

予告

765プロアイドル、全員逮捕!!

その罪は・・・「アイドル」!?

人々の目を奪うその美貌、

一度聞いたら忘れられないその歌声、

そして身も心も酔わせるそのカリスマ性が、

秘密ケーサツに危険視されてしまったのだ!

彼女らが囚われたのは、脱出不可能と名高い「要塞監獄」

一度入れば最後、生きて出ることはかなわない・・・。

アイドルを失い、哀しみに暮れる民衆たち。

アイドル無き世界に未来はあるのか?

彼女たちはこのまま、諦めてしまうのか?

・・・しかし、彼女たちは諦めなかった!

亜利沙の提案したハチャメチャな計画をもとに、

50人の壮大な脱走劇が、いまはじまる・・・!

アイドルが「罪」ではなく「希望」だということを、

世界中のみんなに証明してみせます!


セリフ

GOOD

「くぅ~!太陽ってこんなに眩しかったかっ?空気もムチャクチャうまいし・・・

 これが『シャバは最高』ってフィーリングか♪

 

「スゲー・・・。こんなにたくさんのファンが、あたし達を待って・・・?

 ははっ、必死こいて脱走したかいがあったな!

 

「見てくれよ、このギター。『待ってた』って、ファンが持ってきてくれたんだ。うれしいよ・・・。

 よーし!1曲鳴らしてくる!」

 

「みんな、またせたな。

 あたしの感謝の気持ちを、音にのせて奏でてみせるよ。・・・聴いてくれ!」

 

BEST

「どうした、プロデューサー?・・・疲れた?・・・ったく、しっかりしなよ。

 ホラ、肩貸して・・・。ここまで来たんだ、最後まで逃げ切ろうぜ!」

 

「なめらかな手触り、弦の張り・・・。へへ、あたしもまだまだ青いな。

 久しぶりの相棒の感触で、完全に火が点いちまったよ!」

 

「『お帰り』って言われた瞬間、体がシビれたよ。

 待っていてくれる人がいるって、いいもんだよな・・・。みんな、ただいま!」

 

「やっぱ相棒と一緒じゃないと、しっくりこないよね。

 ・・・ホラ、あんたも相棒だし。あははっ、これからもよろしくな♪」

 

オフショット「アイドルを照らす光」

 

二階堂千鶴 「すごい歓声・・・ぐすっ。こんなに大勢の方々が、わたくし達の帰りを待っていてくれたなんて・・・。」
ジュリア 「おいおい、千鶴。気持ちはわかるけど、泣いてる場合じゃないだろ?」
「その涙・・・その気持ちを、歌で伝えるのがアイドルの仕事だぜ?」
二階堂千鶴 「ジュリア・・・。ええ、そうでしたわ!わたくしとしたことが、少々、感傷に浸りすぎていたようですわね!」
「セレブに涙は似合いません!みなさまへ感謝を込めて、精一杯歌わせていただきますわ!」
ジュリア 「調子が出てきたみたいだな。よし、ミズキ!照明の準備はできてるか!?」
真壁瑞希 「はい。警察の方から、サーチライトを借りてきました。これを照明代わりに使います。」
「それではふたりとも、準備はいいですか?・・・ライト・オン。・・・ぽちっとな。」
ジュリア 「あははっ、サーチライトの照明かぁ。いいよミズキ!最高にロックだ!」
二階堂千鶴 「まるで、まだ追われているみたいですわね・・・ふふっ」
真壁瑞希 「それでは始めましょう。・・・アイドルプリズンライブ、スタート。・・・みんなの笑顔を照らしてみるぜ。べいべー。」

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL