「芸術!?バレンタインミュージアム」

予告

バレンタインに、日頃の感謝の気持ちを伝えたくて・・・

・・・みんなでたくさん、チョコレートアートを作っちゃいました!

甘いアートでいっぱいのミュージアムから

溢れてくる美味しい香りには、

誰もがハッピーになっちゃう!

アイドルたちの渾身の作品に包まれる、

至福の時をお楽しみください♪


セリフ

GOOD

「バレンタインミュージアムか。誰が考えたかは知らないが、なかなかシャレてていいじゃないか♪

 あたしにとっての芸術は・・・やっぱ音楽だな!」

 

「来年はチョコロックフェスをやるってのはどうだ?アートつながりってことでさ。

 具体的な庵?それは、うーん・・・ま、来年までに考えておくさ♪」

 

「音楽をチョコにすると決めたものの、一体どう表現するか・・・

 音符マークってのはありきたりでイージーすぎるよな。あたしらしい音楽・・・むぅ。」

 

「決めた!チョコであたしのバンドマークを描くことにするぜ!

 へへ、憧れのロックバンドのみたいにかっこよくてクールに仕上げてやるからな!」

 

BEST

「よし、なかなかいい感じ・・・って、バカPいつからそこに1

 チョコであんたの名前を、書いてたのはその、えっと・・・練習用に書いてただけだよ!」

 

「おっと、失敗・・・チョコで絵を描くって、案外難しいモンなんだな。

 みんな、器用でうらやましい・・・いや、あたしとそう変わらないヤツもいるか・・・。」

 

「みんな好き勝手作ってて統一性はないが、それぞれのチョコに『好き』がつまっててさ。

 ・・・いいな、こういうの。心が温かくなるよ。」

 

「これ、やるよ。チョコで作ったチケット。見た目はフツーの板チョコなんだけどさ。

 来年、本当にチョコロックフェスをするなら・・・あんたを最前列に招待するよ。」

 

オフショット「来年は…。」

 

松田亜利沙 「ムフフ♪ バレンタインミュージアムに集うアイドルちゃん達の愛の芸術・・・!まるで天国です~♪・・・じゅるり。」
高槻やよい 「はわっ!? 亜利沙さん、ヨダレが出てますーっ! もしかして、お腹が空いちゃったのかな・・・?」
松田亜利沙 「・・・はっ! ありさ、今ピンと来ちゃいました! 来年派、チョコで劇場を作っちゃうのはどうですか!?」
ジュリア 「はぁ? チョコラハウスとか、チョコのステージは前にもやったじゃないか。それとどう違うんだ・・・?」
松田亜利沙 「ムフフ・・・♪チョコの劇場で、アイドルちゃんそっくりなチョコの人形が、歌って踊る・・・ずばり、チョコ人形館です!」
高槻やよい 「チョコ人形館・・・。なんだか、とってもすごそうですー! 亜利沙さん、妹や弟達も呼んでいいですか?」
松田亜利沙 「もちろんです♪ 歌って踊るアイドルちゃんチョコ人形・・・話題性もバツグン、きっと大盛況間違いナシですーっ!」
ジュリア 「ふぅん・・・亜利沙、なかなかパンクなコト考えるじゃないか。よし、そのイベント、アタシも乗った!」
高槻やよい 「それじゃー来年は、みんなでチョコ人形になりましょー! 私、とっても楽しみですー!」
松田亜利沙 「ありさ、ふたりに賛同してもらえて、感激ですっ!プロデューサーさん、よろしくお願いしますねっ♪」

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL