「ようこそ♪聖ミリオン女学園」

予告

清く正しく、日々美しく励む、乙女たちの集う名門、

それが「聖ミリオン女学園」

生徒会長である3年生、三浦あずさは「ミス・ラベンダー」と呼ばれ、

広く生徒たちの憧れの的。

そんな彼女を姉のように慕う幼馴染、中谷育が転校してきたことから、

物語は始まるー


セリフ

GOOD

「お嬢さま役なー・・・こういうの苦手だってコト、知ってるくせに。

 まあ、やれと言われたらやるけどさ・・・大丈夫かな、ちょっと心配だ。」

 

「ギターの弾き語りをしてればいいって?サンキュ、そいつは助かる!

 ・・・お嬢さま風に?な、なんだよそりゃ・・・さっきn感謝は撤回だ。」

 

「どんな曲がいいかな。パンク・・・はナシだろ、わかってるさ。

 じゃあ・・・そうだな。無難にカントリー調でいくか。~~♪」

 

「ミャオが、あたしの作った曲に合わせて即興で歌ってくれるんだとさ。

 ・・・ぷっ、変な歌詞!だけど、ミャオらしくていいな♪」

 

BEST

「お嬢さまっぽい弾き語りってどうすれば・・・座り方がポイントだって?

 座り方なぁ・・・こ、こうか?弾けないことはないけど・・・照れるな。」

 

「「一曲弾いてさしあげてもよろしくてよ」どうだ、今の演技・・・悪くないって?

 はは、サンキュ。千鶴を参考にしたってのはナイショな♪」

 

「ミャオとセッションしてたら、みんなが集まってきて最終的には大合唱!

 撮影は少し中断したけど、みんな笑顔でさ。いい思い出ができたな。」

 

「プロデューサー、こっち来いよ。一緒に歌おうぜ。・・・恥ずかしがるなって。

 音程なんて誰も気にしないさ。歌は、楽しむ心が大事なんだ。」

 

「なあ、プロデューサー。さっきからミャオがあたしの手元ばっか見てるんだ。

 あたしの指、別に変なトコないよな?・・・うーっ、気になる・・・。」

 

オフショット「お嬢さまの品格」

大神環 「じゅりあ、お嬢さまらしくって、どうすればいいの?たまき、よくわかんないよ~!」
ジュリア 「あたしにも、見当つかないくってさ・・・。制服はなんかヒラヒラしてるし、こういうのガラじゃないんだけど。」
大神環 「じゅりあもわからないの?なんか、むずかしい・・・。お嬢さまって、どんなkとして遊ぶのかな?」
「・・・お外で虫拾ったりとかしちゃ、ダメなの?」
ジュリア 「そうかもな・・・。普段のウチらとは、だいぶ縁遠い世界だよな。はぁ・・・。」
三浦あずさ 「うふふ、そうかしら?環ちゃんもジュリアちゃんも、かわいいお嬢さまだと思うけど。」
ジュリア 「あたしと環が、お嬢さま・・・?あず姉、それ本気で言ってるのか?」
三浦あずさ 「ええ。だってふたりともとってもかわいいし・・・。制服も、よく似合ってるもの。」
「お嬢さまって、見た目だけじゃなくて、心が清いことを言うんだと思うの。」
「だからふたりとも、立派なお嬢さま。ね?」
大神環 「えっと・・・よくわかんないけど、たまきはお嬢さまでいいの?・・・よかった!」
ジュリア 「はー・・・あず姉のこの包容力、本当に「お姉さま」って感じだよな・・・。ちょっと、感動した・・・。」
三浦あずさ 「それはやっぱり・・・ふたりより、本当にお姉さんだからかしら?・・・な~んて、ふふっ。」

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL