「極楽♪温泉御殿ライブ」

予告

ミリオンオールスターズの新たな挑戦、

それは全国横断、キャラバンライブ!

第三の地、西エリアでの公演もいよいよ大詰め・・・、

記念すべきラストライブイベントは情緒あふれる温泉宿をまるごと使った、

温泉御殿ライブ!

温泉と宴、そして可憐なアイドルによる

極楽気分なステージへ、いざおいでませ~♪


セリフ

ショートストーリー2

永吉昴 「オレ、このライブ会場に来るまでさ、てっきり温泉につかりながら歌うんだって思ってたよ!」
ジュリア 「風呂でのライブか…。機材の持ち込みとか管理とか、いろいろ難しそうだな。」
高坂海美 「でも、楽しそうだよーっ!プールでライブができるんだから、温泉でもできるって!きっと!」
永吉昴 「だよな!お客さんに風呂でリラックスしてもらって、オレ達は泳ぎながら歌ったりしてさ♪」
高坂海美 「すばるん、それいいね!全力で泳いで歌って温泉に入ったら、すっごく気持ちよさそう!」
ジュリア 「おいおい、風呂は水泳禁止だっての。…ったく…プロデューサー、ちゃんと見ててくれよな?」

 

ショートストーリー3

菊地真 「西エリアを巡る旅も、終わりかぁ…。ちょっとさみしいけど、みんなとの距離は、グッと縮まったよね!」
ジュリア 「あ、ああ…そういえば、マコ。無人島の時は、その…ありがとな。泳いで助けを呼んでくれてさ。」
高山紗代子 「あっ…それなら、私も!ドラマの撮影、大変なアクションとか、真ちゃんのおかげで助かって…!」
菊地真 「あはは、何だ、そんなこと?いいよ、気にしなくたって。みんなの役に立ったなら、それで十分だよ!」
ジュリア 「そういうの、マコらしいよな。スゴいコトなのに、さりげない感じ…ホント…カ…カッコイイ、って思うぜ?」
高山紗代子 「それ、わかる…すっごくわかる!真ちゃんのカッコよさに近づけるように、頑張ろうね、ジュリア!」
菊地真 「ええっ!?で、できればボク、カッコイイじゃなくて、カワイイところを見てほしいんだけどな…。」

 

ショートストーリー8

ジュリア 「ドラマ撮影で使った廃村…あそこはよかったよね。雰囲気よくて、曲のイメージがどんどんわいてきてさ。」
高山紗代子 「そうだね!…私が暴走しちゃったせいで、ちょっと、迷惑もかけちゃったけど…許してもらえるかな?」
ジュリア 「なんだ、サヨまだ気にしてんのか?あたしもカレンも怒ってないって。なあ、カレン?」
篠宮可憐 「はい…さ、紗代子さんの探偵役…また、見てみたいです…。ハマリ役で…すごく、ステキだったから…。」
高山紗代子 「ふふっ、そうだね!機会があったらまたやってみたいかも。次は本当に、可憐が犯人役だったりして♪」
篠宮可憐 「ええっ…!わ、私、ですか…?でも、お仕事なら…。わ、私…犯人役も、頑張ります…!」

 

ショートストーリー9

ジュリア 「2ヶ月って、思ったより短いよな。ほんと、あっという間だったよ。それだけ、充実してたんだな。」
豊川風花 「西エリアの、いろんなところに行ったよね。どの場所もステキで…おいしいものも、たくさんあったし。」
高坂海美 「私は、カツオ釣りが楽しかったな!あと、うどん!!製麺所によって味が違うなんて、面白いよねーっ!」
ジュリア 「歌と一緒だな。同じ歌でも、歌い手の声やリズム、こめるハートで印象が変わってくる。そういうコトだろ?」
豊川風花 「さすがはジュリアちゃん、いいこと言うなぁ…。」
高坂海美 「じゃあ私達も、西エリアのうどんみたいに、バラエティ豊かなアイドルとして、頑張っていこー!」

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL