プラチナスターツアー ~ハーモニクス~ エピローグ Fly High

 

(ステージ袖にて)
P (今日は『D/Zeal』のライブ本番・・・。ジュリアと静香は期待以上のステージにしてくれた)
(ふたりの歌声に魅了された客席からはいまだに歓声が鳴りやまない・・・!)
最上静香 「プロデュサー・・・! お疲れ様です。」
ジュリア 「今のあたしの全部、出し切ってきたぜ! どうだった、『D/Zeal』のライブは?」
P 「まだ響いてくるこの声援が、答えだよ。ふたりとも、本当にお疲れ様。文句なしの大成功だ!」
最上静香 「そ、そうですか。確かに、手応えはありましたけど・・・ちゃんとできていたなら、よかったです。」
ジュリア 「あははっ、お互い、周りを見る余裕なんてなかったからな! それぐらい集中してた。」
「でも、ずっと感じてたよ。シズとふたりで作った渦が、客席をまきこんでいくフィーリング・・・。」
「やっぱ、シズと組めてよかったぜ。シズとだからできたライブだった!」
最上静香 「・・・はいっ、私もです、ジュリアさん。今日、一緒にライブができたこと・・・。」
「ジュリアさんと『D/Zeal』になれたことを、誇りに思います!」
ジュリア 「う~ん。それなんだよな~。」
最上静香 「え?」
ジュリア 「いいか、シズ。ウチらはお互い、対等な相棒だろ?『さん』付けってのは、しっくりこない。」
「『ジュリア』でいいよ。呼び捨てで呼んでくれ!」
最上静香 「ええっ!? そ、そんな。いきなり言われても、心の準備が・・・!」
「ちょっと練習させてください・・・っ。ジュ、ジュリ・・・ジュ・・・リ・・・ァ・・・。」
ジュリア 「どうした、相棒? 聞こえないぞ~。」
最上静香 「ジュ・・・ジュリ・・・ァ・・・さん。や、やっぱり無理です、呼び捨てなんてっ!」
ジュリア 「あはは、今さら遠慮してどうするんだよ! ステージでの威勢はどこいったんだ?」
最上静香 「・・・。」
「・・・いいえ。これは遠慮なんかじゃありません。」
「本気でぶつかってみて、改めて思ったんです。やっぱりジュリアさんはすごい人だ・・・って。」
「たとえ対等の相棒になっても、尊敬する気持ちはずっと変わりません。だから・・・ジュリアさん、で。」
ジュリア 「・・・フッ、そっか。ま、それがシズの流儀なのかもな。」
「OK、わかったよ。これからも、好きに呼んでくれ!」
春日未来 「静香ちゃん、ジュリアさん! お疲れさま~! す~っごくカッコよかったよ~!」
伊吹翼 「女の子たち、みんなキャーキャー言ってたよ。ふたりとも、モテモテだね~。」
最上静香 「モ、モテモテって・・・翼、あのねえ。」
「・・・でも、ありがとう。ふたりにも見てもらえて・・・、うれしかった。」
如月千早 「ふたりともお疲れ様、心配はしていなかったけど、・・・想像以上のステージだったわ、静香。」
最上静香 「ち、千早さん! お疲れ様です!」
如月千早 「あんな歌い方もできるのね。激しくて、とても情熱的で・・・。」
「でも、まだ眠っている力がありそう・・・。次の公演も、楽しみにしているわね。」
最上静香 「・・・! はいっ!」
如月千早 「ジュリアも・・・さすがね。あなたの隣で歌う静香が、少しうらやましかった。」
ジュリア 「ははっ・・・チハにそう言ってもらえるなんてな。もちろん、あたしはいつでも大歓迎だ。」
「そのときはお互い遠慮なし、ガチで歌い合おうぜ!」
如月千早 「ええ。よろしくお願いね。」
P (・・・千早の目にも、挑戦的な光が浮かんでいる。D/Zealから、いい刺激を受けたみたいだな)
伊吹翼 「わあ~。なんか、オトナの関係って感じ・・・! 静香ちゃん、ジュリアーノを取られちゃうかも?」
最上静香 「な、なに言ってるのよ。取るとか取られるとか、そういう問題じゃないでしょ?」
春日未来 「そうなったら、私が静香ちゃんと歌いたいです!」
伊吹翼 「あっ、じゃあわたしは、美希ちゃんと組みたいな~。プロデューサーさん、お願いしま~す♪」
P 「はは、いろんなデュオができそうだな。考えておくよ。」
最上静香 「なっ・・・。もう、プロデューサー、なんでも安請け合いしないでください!」
「いい、ふたりとも。デュオを組みたいなんて軽々しく言うけど、そんな簡単なものじゃないのよ?」
「デュオを組むには、覚悟が必要なの。相手の人とも自分とも、しっかりと向き合わなくちゃ」
春日未来 「おお~。さすが静香ちゃん、経験者は違うな~!」
如月千早 「ふふっ、そうね。忠告ありがとう、静香。私も気をつけるわ。」
最上静香 「ええっ!? ち、違うんです、今のは未来達に言っただけで、千早さんには、そんな・・・!」
ジュリア 「あっははは・・・!やっぱ、ここにいると退屈だけはしないな。」
「・・・なあ、プロデューサー。あたしは、やっぱり思うよ。シズはすごいって。」
「自分なりに、マジでアイドルやってるつもりだったけどさ。まだまだだって気付かされた。」
「あたしもこれから、もっともっと本気でアイドルやってくよ。だから・・・よろしくな!」
P 「ああ・・・こちらこそ、よろしく!」
(お互いを信じてぶつかり合って、初めてわかり合えることがたくさんある・・・)
(俺も全力で信じて、そしてぶつかっていこう。このアイドルたちなら・・・必ず、応えてくれる!)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 9 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL