プラチナスターツアー ~ハーモニクス~ 第5話 Determination

 

(劇場にて)
P (なんとかジュリア達を、時間通りに送り届けられた。さて、早く・・・うん?)
最上静香 「あっ。・・・プロデューサー。」
P 「静香・・・来てたのか。もしかして、俺を待っててくれたのか?」
最上静香 「ええ、まあ。その・・・昨日は、すみませんでした。」
P 「いや、こっちこそ不本意な決断をさせて悪かった。それで・・・どうだ? 明日、いけそうか?」
最上静香 「・・・わかりません。まだ。あれからずっと考えていたんですけど・・・やっぱり、自信が・・・ありません。」
「でもひとつだけ、わかったことがあります。それは・・・。あの・・・。」
「今の私は・・・。ジュリアさんの足を引っ張っているだけってことです・・・。」
P 「ちょっと待て、それは違う。ふたりはただ、共通のイメージが・・・。」
最上静香 「わかってます。でも、私に合わせることで、ジュリアさんの良さが出せなくなってしまうなら・・・。」
「私のせいで、ジュリアさんの歌の魅力が損なわれるくらいなら・・・。」
「・・・私を、このユニットから外してください。」
P 「静香・・・。いや、それは・・・。」
春日未来 「ええ~っ!?」
伊吹翼 「静香ちゃん、ジュリアーノとのユニットやめちゃうの?」
最上静香 「み、未来!? 翼!? き・・・、聞いてたの・・・!?」
伊吹翼 「えへへっ。来たらちょうどふたりが話してるところだったから、つい・・・。」
最上静香 「つい!?」
春日未来 「それより静香ちゃん、本当にやめちゃうの? 静香ちゃんのロック、すっごく楽しみだったのに!」
最上静香 「・・・しょうがないじゃない。ジュリアさんの邪魔をするわけにはいかないし・・・。」
伊吹翼 「え~っ?なにそれ? ヘンなの~。」
「あ、そうだ! ねえねえ、プロデューサーさ~ん!」
P 「あ、ああ、どうした翼?」
伊吹翼 「わたしが静香ちゃんの代わりに立候補しま~す! ジュリアーノの相手役、いいですよね~?」
最上静香 「っ、ダメよ!!」
伊吹翼 「わっ、びっくりした。静香ちゃん、急におっきな声出さないで~。」
最上静香 「あっ・・・。ご、ごめん・・・なさい・・・。」
P 「静香・・・。今のが本当の気持ちなんだろう?」
最上静香 「・・・私は、その・・・。」
伊吹翼 「なんだ、そうなの? も~、ダメなら最初から言わないでよ~。」
最上静香 「・・・ごめん。外して、なんて言っておきながら・・・。」
春日未来 「もう絶対言わないでね、静香ちゃん! 心配しなくても、静香ちゃんなら大丈夫だよ。」
「だって・・・カッコイイ静香ちゃんは、絶対カッコイイから!」
「静香ちゃんはジュリアさんに負けてない! おんなじぐらいカッコイイもん!」
最上静香 「もう、なにそれ、未来ってば・・・。ありがとう、でも・・・。」
P 「・・・なあ、静香。ひとつだけ、間違えないで欲しいんだけど。」
「俺はジュリアの相手役に、静香を選んだんじゃない。・・・ジュリアと静香、ふたりを選んだんだ。」
最上静香 「それは・・・どう違うんですか?」
伊吹翼 「ジュリアーノがメインなわけじゃなくて、どっちも主役~ってことなんじゃないの?」
P 「そう。ジュリアと静香なら、ふたりとも、一人でいるよりも輝ける。そう思って静香を選んだんだ。」
「ステージで寄り添うふたりじゃなくて・・・堂々と並び立つ、そんなふたりとして。」
「だから、遠慮も気遣いもいらない。合わせようなんて思わなくていい。・・・そんなの、らしくないだろ?」
最上静香 「ら、らしくないって・・・なんですか。普段は横柄みたいに言わないでください。」
「でも・・・、そっか。寄り添うんじゃなくて、同じステージで並び立つふたり・・・。」
「・・・あの、プロデューサー。」
P 「ん、なんだ?」
最上静香 「私、やっぱりこのユニット・・・うまくできる自信は、まだ、あまりないですけど・・・。」
「でも、食らいついてみせます。私の歌で、ジュリアさんと同じ場所に立って・・・みせます!」
「だから、続けてみたい・・・。ユニット、続けさせてください!」
P 「そうか・・・! よかった。その言葉が聞けて、安心したよ。」
最上静香 「べ、別にプロデューサーのためじゃありませんから。ただ、まあ・・・。」
「プロデューサーがメンバーを選んだユニットは今までうまくいってますし・・・。」
「一応、プロとして人を見る目はあるんだと思ってます。だから今回も・・・それを信じます。」
春日未来 「よかった~! 応援してるからね、静香ちゃん!」
最上静香 「ありがとう。カッコいい私、目指してみる。ジュリアさんを・・・越えるつもりで!」
伊吹翼 「楽しみ~♪」
P (早速、スタジオのジュリア達にも伝えないとな。ふたりの準備は整った。さあ、勝負は明日だ!)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL