プラチナスターツアー ~ハーモニクス~ 第2話 Develop

 

 

(劇場のレッスンルームにて)
P (今日はジュリアと静香による新ユニットの初練習だ。さっそくふたりに新曲を歌ってみてもらったが・・・)
「・・・おお、すごいな! ふたりとも、初日からバッチリ歌えてるじゃないか。」
最上静香 「何言ってるんですか、プロデューサー。事前に練習してくるのは、当たり前のことです。」
「今日のために、楽譜は完全に頭に入れてきましたから。ピアノでも弾けるようになりましたよ?」
ジュリア 「へえー! すごいじゃん。やっぱシズはマジメだよな。あたしは細かいこと、ノリでやっちまうから。そういうのマネできないんだよな。」
最上静香 「えっ? でも、ジュリアさんもさっき、完璧に歌えてたと思うんですけど・・・。」
ジュリア 「冗談! まだまだ完璧じゃないって。ただ、せっかくこんなアツい歌を用意してもらったわけだし・・・。」
「まずはあたしの感じたまま、ハートのままに歌ってみただけだよ。」
最上静香 「それであんなに歌えるなんて。やっぱりすごい・・・。そういうの、きっと才能なんでしょうね。ふふ、ちょっとうらやましいです。」
ジュリア 「ははっ、そんな大したものじゃないと思うぜ? あたしは歌が好きなだけ。」
「才能っていうなら、シズみたいにマジメに努力できることだって、立派な才能なんじゃないか?」
最上静香 「そんな。私はただ、やらなくちゃいけないことをやってるだけで。」
P 「話に花が咲いているな。スケジュールの都合で、レコーディングまで、あまり時間がないけど・・・。」
「今のふたりなら、それも問題なさそうだ。安心したよ。」
最上静香 「任せてください。レコーディングの日までにはもっとよくしてみせますから!」
春日未来 「やっほー、静香ちゃ~ん! 来たよ~!」
伊吹翼 「プロデューサーさんとジュリアーノも、こんにちは~♪」
P 「おっ、なんだ。ふたりとも見学か?」
春日未来 「はい! 静香ちゃんとジュリアさん、今度デュオユニットになるんですよね?」
伊吹翼 「いいな~、静香ちゃん。ホントにジュリアーノと一緒なんだ~。」
ジュリア 「翼、その呼び方やめろって言ったろ? あたしはジュリアだ、ジュ・リ・ア!」
伊吹翼 「え~、可愛いじゃないですか。ジュリアーノ♪」
ジュリア 「はぁ。ダメだこりゃ。」
最上静香 「もう・・・。ふたりとも、練習に来ていいとは言ったけど騒がしくしないで。ジュリアさんに迷惑だから。」
ジュリア 「ああ、にぎやかなのは構わないぜ。しっかり見てな。ウチらのクールなデュオをさ!」
春日未来 「わ、ホントにカッコいい! ね、静香ちゃんたちカッコイイね、翼!」
伊吹翼 「む~、ずるい~。ねえプロデューサーさん、わたしもクールなデュオ、やってみたいな~?」
春日未来 「あっ、じゃあ私も! ジュリアさんとギター弾いて歌いたいです!」
伊吹翼 「え? 未来、ギター弾けるんだっけ?」
春日未来 「弾いたことないけど、弾いたフリはけっこうトクイだよっ♪」
P 「そ、そうだな。ジュリアとのユニットは、今すぐにっていうのは、ちょっと難しいけど・・・。」
ジュリア 「悪いな、ふたりとも。もうあたしには、最高の相棒がいるんでね。・・・な、シズ!」
最上静香 「ジュ、ジュリアさん・・・。」
春日未来 「え~! 早い者勝ちなんて、ずるいよ静香ちゃん!」
伊吹翼 「ずるいずる~い!」
最上静香 「ず、ずるくないわよ!?」
「っていうか、ふたりとも騒ぎ過ぎ! やっぱり練習の邪魔になってるじゃない。もう・・・。」
P (文句を言いつつ、静香はまんざらでもなさそうだ。どうやら、歌も相性も心配無用ってところかな)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 13 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL