プラチナスターツアー ~ハーモニクス~ 第1話 Daybreak

 

(劇場にて)
P (ジュリアと静香の新ユニット。きっと、これまでにない新しいものになるに違いない)
「・・・と、いうわけで、ふたりには新曲のためのユニットを組んでもらうことになった。ふたりの歌唱力を存分に発揮するいい機会だと思う。」
「やってくれるか?」
ジュリア 「やるに決まってるだろ、プロデューサー! あたしにロックを歌わせてくれるっていうんだ。断る理由なんかないね!」
P 「よかった。ジュリアならそう言ってくれると思ってたよ。」
最上静香 「やっぱり、ジュリアさんにとってロックは特別なものなんですね。」
ジュリア 「ああ。もちろん、アイドル活動も大事にしてるつもりだけどさ。ロックはやっぱり、あたしの原点だし、ホームっていうのかな。」
「うまく言えないけど・・・。とにかく、ロックを歌える場所があるなら、ひとつでも逃したくないんだ!」
P 「それで、静香はどうだ? 静香の実力なら、ジュリアといい歌が作り上げられると思うんだけど。」
最上静香 「そんなの、聞くまでもないんじゃないですか! ジュリアさんとのデュオだなんて、嬉しいに決まってます!」
ジュリア 「シズ・・・。ははっ、サンキュ!」
最上静香 「ジュリアさん。私でよかったら、ぜひ一緒に・・・!」
「あ! あの、でも・・・私、ロックに関しての知識はあまり・・・。」
ジュリア 「あははっ、そんなのいいんだって!ロックに知識なんか必要ない。実は前から思ってたんだ。シズの声はロックにも向いてそうだってね。」
「ウチらの歌声が合わさって、どこまでいけるか・・・。イメージしただけで、アツくなってくるよ!」
最上静香 「ジュリアさん・・・。あ、ありがとうございます。わかりました。ジュリアさんがいいって言ってくれるなら、私はもちろん・・・全力で頑張ります!」
ジュリア 「へへっ、そうこなくっちゃ! 最高のユニットにしてやろうぜ、シズ!」
最上静香 「はい! よろしくお願いします、ジュリアさん!」
P (ふたりとも、やる気充分だな・・・! このぶんなら、この先も期待できそうだ!)
最上静香 「そういえば・・・プロデューサー。私達のユニット名は、何になるんですか?」
P 「えっ。ユニット名?」
ジュリア 「お、そうだな。プロデューサー。クールでロックなの、あるんだろ?」
P 「そ、それは・・・。実は、まだ思案中なんだ。」
ジュリア 「え? なんだ、まだ名無しか。」
最上静香 「さんざんクールとかオルタナティブとか言っておいて、まだ名前も決めてなかったんですか?」
「もう。大人なんですから、しっかりしてください。期待して損したじゃないですか。」
P 「だ、大丈夫、必要になる前には決めるから。ふたりは気にせず、練習を進めておいてくれ。」
最上静香 「もちろんです。私は、自分の仕事はちゃんとしますから。ですよね、ジュリアさん。」
ジュリア 「あはは、そうだな。プロデューサーが腰を抜かすような歌を歌ってやろうぜ!」
P (思った以上にいいコンビかもしれないな。よし、俺もふたりが腰を抜かすようなユニット名を考えるぞ!)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL