「開催!アイドル学園文化祭」

予告 

(イベント説明文より)

 

第2弾撮影決定!
文化祭をひかえ、大忙しのアイドル学園。
準備は順調、このまま何事もなく成功するはず♪
みんなそう確信していた。

……しかし、そうはいかなかった!
あの伝説のOG『翠の悪魔』があらわれてしまったのだから!

「あの人は…もう卒業したはず…!?なぜ、ここに…!?」
「…ほ? 姫は永遠の18歳なのです~。今年もみんなで…お祭りやるのです!」
『翠の悪魔』は謎の軍団を率い、文化祭を侵略していく。
もう今年の学園祭はメチャクチャだ……
みんなが落胆したその時、『学園の聖母』が立ち上がった!

「…ふふ、今年の文化祭の実行委員長は私です~♪好き勝手は許しませんよ~♪」

はたして、文化祭の運命や如何に!?


セリフ

GOOD

「アイドル学園か。またこの役を演じる日が来るなんて夢にも思わなかったな。

 ・・・つまらないかって? その逆、楽しみだよ。」

 

「あたしの役、パンクロックをやるために合唱部を抜けたんだとさ。

 ふふっ・・・。いいねぇ、燃えてきた。」

 

「女の戦いってハタから見てるのは楽しいけど、実際巻きこまれると大変だよな~。

 あんたも気をつけなよ? 巻き込まれそうな顔してる。」

 

「『あたしとパンクの道を突き進もうぜ、イエエエ!』

 ・・・ウオオオのほうがいいのか? どっちにするか・・・。なあ、どっちがいい?

 

「可奈のアカペラ、パワフルで最高だ。聞いてて胸が震えるよ!

 ・・・耳が痛いって? 歌ってのはハートで聞くもんなんだよ!」

 

「あくまで自然体、ねぇ・・・。普段の自分らしく演じるのって、

 キャラを作るよりも難しいもんだが。その言葉を信じてやってみるよ。」

 

PERFECT

「ま、なんだ。今回もあたしなりにそれなりに頑張ってみるさ。

 ・・・不安か? んな顔するなって、今は調子が最高にいいんだ、任せとけって!」

 

「休憩時間中、空き部屋で歌ってたのをスタッフが聞いてたらしくて、ほめられた。

 恥ずかしかったけど・・・うれしいね。」

 

「『あんたも、あたし色にそまりな』ってな♪

 プロデューサー、あんたの顔にパンクメイクさせてくれよ。頬だけでいいからさ!」

 

「今回の役のパンク要素、あんたが監督に頼んでくれたんだって? へへ、やるじゃん。

 その・・・サンキュな、プロデューサー!」

EXTRA

「その、なんだ・・・いろいろあるけどさ、あんたについてきて良かったと思ってるよ。

 ・・・アイドル、頑張るからな。」

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL