「激闘!NAMCOアイドルサッカーフェス2013」

予告 (復活 NAMCOアイドルサッカーフェス2013より)

アイドルたちのサッカーフェスがまたも開催!

765プロも参戦が決定!

765プロチームは、数多の事務所のアイドルたちのチームと対戦し頂点へと突き進む!

さぁ、優勝はどの事務所の手に? そして、得点王、MVPは誰の手に!?

NAMCOアイドルサッカーフェス、いよいよキックオフ!!


セリフ

GOOD

「サッカーのルールくらい知ってるよ。ま、そこそこやってやるさ。

 どんな勝負であれ、あたしが負けるってのは絶対に嫌なんでね。」

 

「ハーフタイムショーに出してもらえるのは光栄だけど、せっかくだから選手としても出場したくてさ。

 やっぱ勝負って、血が騒ぐしね!」

 

「えっ、あたしにイエローカードだって!?ちょっとぶつかっただけなのに・・・。

 うーん、どうもお上品な勝負は苦手みたいだよ・・・。」

 

「よし、いいパスがきた!

 試合の流れを作るために確実に繋げていかないとな・・・ほらそこ、ボールを送るぞ!しっかり受け止めろよ!」

 

「試合の方もかなり盛り上がってるから、ハーフタイムのショーも、思いっきりテンションあげていかないとね!

 あたしに任せといてっ!」

 

「延長戦を任されるなんて責任重大だが・・・。

 こんなプレッシャー、悪くないね。このあたしが絶対にみんなを表彰台にのせてやるよ!」

 

「だあああ!やっちまった、大事な場面だってのに・・・!

 悔やんでる時間がもったいないな。次だ次!次は最高のシュートを決めてやる・・・!」

 

「これだけのお客が見てるんだ。カッコ悪いトコなんか絶対にみせられない。

 あんたもあたしも、最後まで絶対にあきらめない。いいね?」

 

「仲間から受け取ったこのボール、簡単に敵にあげるつもりはないよ。

 得点にビシッとつなげて、チームの勝利に貢献しないとな!」

 

「おい、プロデューサー!そのなんだ・・・作戦をねってくれ。絶対に勝ちたいんだ。

 だから・・・あんたのアドバイスが欲しい!」

 

「へー、そういう戦法もアリっちゃアリか。いいなそれ、気に入った。

 なあ、プロデューサー。・・・あんた、見かけによらず策士だね?」

 

「今回のイベント、やる前は正直めんどくさい気持ちが強かったけど、

 いざ始まったら、のめり込んじまった。今、サイッコーに楽しいよ!」

 

PERFECT

「ま・・・まあ、あたしにとっちゃシュートなんてチョロイもんさ。

 ・・・なあ、プロデューサー、あたしの活躍、ちゃんと見てくれた・・・?」

 

「最初はどうなるかと思ったが、なかなかいい感じじゃないか。

 よっしゃあ、この流れを壊さないようにガンッガン攻めてやるぜ!」

 

「司令塔ってあたしのガラじゃないんだが・・・

 その、なんだ。チームのみんなに頼られるってのも、たまにはいいもんだな!」

 

「基本的にソロプレイの方があたし向きなんだが、

 チームを組んで1つの目標に向かって突き進むってのも・・・まあ、悪くないね。」

 

「よっしゃあああ!!目ぇ見開いてちゃんと見たか、プロデューサー!!

 貴重な追加点、このあたしがしっかりもぎ取ったぜ!」

 

「普段から忙しそうだってのにサッカーの監督までさせられて、あんたは大変だな。

 少しだけ同情するし・・・尊敬する。・・・少し、だけな?」

 

「最初は、まためんどくさいことさせられるんだなってゲンナリしてたけど、

 参加してよかったよ。・・・サッカーって楽しいもんなんだな!」

 

EXTRA

「正直、こんな楽しく試合できるなんて思わなかった!

 あんたの熱意に、引きずり込まれちまったんだな。はは♪・・・ありがとよ、プロデューサー」

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL