ミリシタ版プラチナスターシアター ~Eternal Harmony~ エピローグ

(キャンプ場にて)
P (エターナルハーモニーの公演は大成功に終わった! 今日はその打ち上げ、みんなでキャンプに来ている)
エミリー 「仕掛け人さま、良いお天気でよかったですね。素晴らしい野営日和です♪」
P 「ああ、そうだな。けど、打ち上げでキャンプに来ることになるとは・・・。」
エミリー 「え? あの、もしかして野営はお嫌いでしたか・・・?」
P 「いや、俺もみんなも楽しんでるよ。エミリーが言い出したのが少し意外だっただけで。」
「エミリーは、どうして打ち上げにキャンプを選んだんだ?」
エミリー 「それは・・・。永遠の交響曲のみなさんと、もう少し一緒に、何かをしたかったからです。」
「これからも、劇場の舞台でご一緒することはたくさんあると思いますけど・・・。」
「こうして5人だけで一緒に長い時間を過ごすことは、今までのようにできないかもしれません。だから・・・。」
??? 「うわーーー!!!」
P 「!? い、今の声は・・・。」
エミリー 「ジュリアさん・・・でしょうか・・・? 参りましょう、仕掛け人さま!」
ジュリア 「チッ、そうきたか・・・。だが、あたしは簡単には倒されないぜ!」
P 「ジュリア・・・何してるんだ?」
ジュリア 「な、何って・・・見ればわかるだろ。ハンバーグを焼いてるんだ!」
エミリー 「ケホッ、ケホッ。か、火力がすごくて、真っ黒焦げに・・・ジュリアさん、火加減を調整したほうが・・・。」
ジュリア 「調整・・・こうか?・・・うわあっ!?」
P 「強くしてどうするんだ・・・!」
如月千早 「プロデューサー、大変です!」
P 「ジュリアの次は千早か! 今度はどうした!」
如月千早 「あの、カレーを作っていたのですが、隠し味にコーヒーを入れたら、変な味がして。」
P 「どれどれ? ・・・ぐっ、苦い・・・! コーヒーをどれだけ入れたらこんな味に・・・!」
如月千早 「すみません・・・ちょうどいい量がわからなくて、つい多めに・・・。」
エミリー 「ふふっ、意外です! ジュリアさんと千早さん、おふたりにも苦手なことがあったんですね?」
ジュリア 「なんだそりゃ・・・人間なんだから、苦手なコトくらいあるって。」
如月千早 「そうよエミリー、誰にでも苦手なことくらいは・・・。料理があまり得意でないくらい・・・くっ。」
エミリー 「はい、そうですよね!・・・なんだか少し、安心しました。」
豊川風花 「ただいま。飲み物持ってきたよ♪・・・あれ?」
徳川まつり 「なんだか、焦げたにおいがするのです。もしかして、大変なことになっているのです?」
P 「ああ、どうやらそうみたいだ。ふたりとも、料理を手伝ってくれるか?」
徳川まつり 「わかったのです。姫たちの安全な晩ごはんのために、頑張るのです。」
ジュリア 「安全っていうな!!!」
P (その後、風花とまつり、エミリーのフォローで、なんとか食べられるものが完成した)
「一時はどうなるかと思ったが・・・。無事にハンバーグカレーができて良かったよ。」
ジュリア 「くぅ・・・。料理って難しいな・・・。」
如月千早 「すみません、みんなにご迷惑を・・・。」
豊川風花 「気にしなくてもいいんだよ、ふたりとも。誰でも、得意なことと苦手なことがあるんだから。」
「それに、みんなで料理するの、とっても楽しかったし。またこうして、みんなで何か作ろうね♪」
エミリー 「みなさん、冷たいお抹茶を淹れました。よかったら、どうぞ♪」
徳川まつり 「ありがとうなのです、エミリーちゃん。お礼に、この抹茶マシュマロをあげるのです。」
エミリー 「Oh! ありがとうございます!・・・もぐもぐ。ん~、おいしいでしゅ・・・♪」
ジュリア 「ははっ。ホントにうまそうに食べるな、エミリー♪」
エミリー 「はっ。は、はしたなかったでしょうか・・・!?」
ジュリア 「まさか! おしとやかな大和撫子もいいけど、そういうエミリーもカワイイと思うぜ? あたしは。」
エミリー 「ジュリアさん・・・あ、ありがとうございます・・・。」
「で、ですが! 私は大和撫子を目指す身なので、今後は気をつけたいと思います!」
ジュリア 「ははっ!やっぱそういうとこ、ロックだよな、エミリー!」
P (みんな、思い思いにキャンプを楽しんでいる。打ち上げをこの場所にして正解だったな)
エミリー 「仕掛け人さま、こちらにいらしたんですね! 仕掛け人さまも、冷たいお抹茶をどうぞ。」
P 「ありがとう。・・・むっ。おいしいな、この抹茶。」
エミリー 「お口にあったのでしたら、何よりです♪ ・・・あの、お邪魔でなければ、お隣よろしいですか?」
P 「ああ、もちろん。」
エミリー 「仕掛け人さま。今日は、こうして野営に連れて来てくださって、ありがとうございます。」
「素敵な仲間と、素晴らしい時間を過ごせて、とても大切な思い出ができました。」
P 「そうか、それはよかった。エターナルハーモニーのステージ、頑張ったもんな。」
エミリー 「はい。永遠の交響曲の舞台が終わってしまうのは、少し・・・いえ、とても寂しいですが・・・。」
「けど、みなさんとは、これからも劇場で一緒ですから。私は今日のこの夕日を、きっと忘れません。」
「・・・明日もまた、晴れるといいですね。仕掛け人さま。」
P 「そうだな。きっと、晴れるさ。」
(明日も、明後日も。アイドル達の日々、そしてプロデュースは続いていく・・・)
(明日からも、こんな風に澄みきった気持ちで・・・アイドル達と歩いていけるといいな)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL