GREE版プラチナスターライブ編シーズン2 -9話- 夏は終わらない・・・ね?

(某所プールにて)
P (大成功を収めたプラチナスターライブ、その打ち上げとして、俺と「エターナルハーモニー」のみんなはこうして、貸し切りプールにやってきたわけだが・・・)
ジュリア 「うう~~・・・、あぢぃ・・・。やっぱプールさいどは照り返しがキツイな。なんか、冷たい飲み物・・・。」
エミリー 「はい、ジュリアさん、甘酒です。日本では、夏にこれを飲むと聞いて、美奈子さんに作っていただきました。夏バテに効くようですよ!」
ジュリア 「甘酒!?・・・さすがエミリー、渋いチョイスだ。ちょっといただこうかな。・・・ん?これ、案外ウマイな、しょうががピリっときいてて!」
エミリー 「そうでしょう?よろこんでもらえて、うれしいです!」
豊川風花 「う、ううっ・・・。プライベートでまで水着を着るのは・・・。や、やっぱり恥ずかしい・・・!私は、このまま私服でいようかな・・・。」
ジュリア 「おっ、フーカ、チハ!遅かったな。更衣室はあっちにあるらしいから、さっそく着替えに行こうか♪」
豊川風花 「あっ・・・うっ・・・、ええっと、私はもう少し、プールサイドでまったりしてからにしようかなって。あははっ・・・。」
如月千早 「・・・私は、風花さんと一緒にいるわ。泳ぎはあまり得意ではないし・・・。」
ジュリア 「えっ、フーカもチハも、まさか、泳がないつまりなのか?せっかくプールがあるのに。」
豊川風花 「う、うぅ・・・だってぇ・・・。た、助けてください、プロデューサーさん!」
P 「風花、大丈夫だ。俺を信頼して、水着に着替えてくるといい。ほら、まつりを見てみろ。早く泳ぎたくてクルクル回って・・・ちょっと危険だな。まつり!」
徳川まつり 「ほ?・・・プロデューサーさん・・・風花ちゃん・・・みんな・・・。ま、まつりは目がくるくる、なの、です・・・。」
豊川風花 「えっ、ま、まつりちゃんっ!大丈夫!?今すぐ手当を・・・って、あれ・・・?・・・きゃ~~~・・・!!」
ざっぱ~~~ん!!
徳川まつり 「・・・次は千早ちゃんなのです。このプール、全然深くないから、泳ぎが下手でも大丈夫なのです。だから・・・ね?」
如月千早 「と、徳川さん?・・・えっ?・・・えっ!?・・・きゃああ!!」
ざっぱ~~~ん!!
徳川まつり 「ふたりとも、お水の向こうで微笑んでいるのです?」
ジュリア 「な、ななな、何が起きている!?まつり・・・お、おい!こっちに来るな・・・!!」
徳川まつり 「ジュリアちゃんも、みんなのところに行くのです。仲良しは、良い事です♪・・・ね?」
ジュリア 「うっ、うわぁあああっ!!」
ざっぱ~~~ん!!
徳川まつり 「・・・ジュリアちゃんも、水遊び、楽しそうなのです。」
エミリー 「あっ、わ、私も!皆さんと一緒がいいです!えいっ!」
ざっぱ~~~ん!!
徳川まつり 「エミリーちゃんも、行ってしまったのです。・・・残ったのは、まつりとプロデューサーさんだけなのです?」
P 「あっ・・・いや・・・。俺はここで休んでいるから、みんなと泳いでこい、まつり。」
徳川まつり 「・・・ひとりだけ仲間はずれなのは、かわいそうなのです。みんな仲良く・・・ね?」
P 「お、おい!まつり!一体どこにそんな力が・・・!うわっ!」
ざっぱ~~~ん!!
徳川まつり 「・・・はいほー!姫も、参上するのですっ!」
ざっぱ~~~ん!!
(2時間後ーーー)
P 「つ、疲れた・・・。もっと優雅に、プールサイドで日差しを楽しむハズだったのに、なんでこんなにホンキで水泳競争をしているんだ」
徳川まつり 「ほ?まだまだまつりは遊びたりないのです。」
P 「もうカンベンしてくれ・・・。みんなは休憩所だったよな。俺も、このあたりで、休憩所に引き上げるよ。」
徳川まつり 「仕方ないのです。まつりも行くのです。」
豊川風花 「あっ、プロデューサーさん、それにみんなも。お疲れ様です。」
P 「・・・?どうして小声なんだ、風花?」
豊川風花 「千早ちゃん、疲れて寝ちゃったんです。だから、起こしちゃったら悪いなぁと思って・・・。」
如月千早 「・・・すぅ、すぅ・・・。」
P 「・・・まつりに付き合って泳いでいたら、そりゃあ、疲れるよな・・・。」
徳川まつり 「・・・プロデューサーさん。」
P 「どうした、まつり。」
徳川まつり 「姫は、メルヘンにくわしいのです。だからぁ・・・こういう時どうすれば千早ちゃんの目が覚めるのか、よく知っているのです。眠り姫を目覚めさせるのは、つまり・・・ね?」
P 「・・・ん?言いたいことが、よくわからないんだが・・・。」
豊川風花 「・・ああっ!そ、それってもしかして・・・、王子様のキス・・・ってこと!?」
徳川まつり 「これは、王子様の義務なのです。・・・ね?プロデューサーさん?」
P 「い、いや、待て、まつり!それはちょっと・・・おかしいぞ!?俺が、千早に・・・なんて、いろいろとマズイだろ!?」
徳川まつり 「・・・ほ?ダメなのです?・・・プロデューサーさんがそう言うなら、ジュリアちゃんに代わりにやってもらうのです。」
ジュリア 「え、なんであたしが~!」
徳川まつり 「王子様の役目を見事、果たしてみせるのです。・・・ね?」
ジュリア 「・・・え?・・・お、おい!!?な、なんであたし・・・!おかしいだろ、いろいろと~!」
エミリー 「せ、接吻をするんですね・・・。」
豊川風花 「え、エミリーちゃん、なんでもないよ。一緒に向こうで遊んでようね。」
如月千早 「・・・ん・・・うぅ・・・。・・・ずいぶんと騒がしいわね・・・。」
徳川まつり 「・・・起きてしまいました。残念なのです。」
如月千早 「残念?あの・・・なんのことですか?」
P 「いや、なんでもない。なんでもないぞ、千早。」
如月千早 「そうですか?・・・みんな、様子がおかしいですけど。」
徳川まつり 「・・・なんでもないです。またの機会に、期待しているのです。」
ジュリア 「またの機会なんてない!そんなの絶対ないからな~!」
如月千早 「・・・ええと・・・。何があったのかしら?」
P (・・・打ち上げでは、いろいろ大変だったが・・・。いい思い出になったよな!「エターナルハーモニー」のメンバーで集まるのは最後だと思うと、少し、さびしいが・・・)
(二回のプラチナスターライブを経て、俺もアイドルも成長できた。もっともっとアイドルをプロデュースしたい・・・この気持ちを、これからも仕事にぶつけていこう!)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 9 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL