GREE版プラチナスターライブ編シーズン2 -7話- 天まで届くハーモニー

(事務所屋上にて)
ジュリア 「おっ、いいじゃん。空が高いね!声も遠くまで届きそうだ。」
豊川風花 「風が気持ちいいです。ふふっ♪なんだか、お洗濯物を干したくなってきました。」
P (「エターナルハーモニー」本番直前の全体練習は・・・)
(なんと、これまでとは趣向を変えて、屋上で行うことになった!)
徳川まつり 「お天気がいいと、まつりは、はいほー!なので。くるくる回ってみせるのです。くるくるくるくる・・・。」
豊川風花 「まつりちゃん、キレイなターン!さすが、お城仕込みだね。」
エミリー 「私は、野点用具一式を持ってきました。仕掛け人さま、一服、いかがですか?」
P 「野点!?ずいぶん、本格的だな。お茶うけも一緒に持ってきたのか?」
エミリー 「はい!大好きな抹茶巻き菓子です。「永遠の交響曲」の皆さんの分もありますから、是非召し上がってください。」
如月千早 「「永遠の交響曲」・・・?」
徳川まつり 「「エターナルハーモニー」のことなのです。・・・ね?エミリーちゃん。」
エミリー 「はい!その通りです♪」
P 「・・・みんな、屋上での練習を楽しんでいるようだが、まあ、若干、自由すぎる気もしないでもないな・・・。」
「・・・発案者の千早的には、どう思う?」
如月千早 「自由すぎ、でしょうか?・・・これで、いいのではないかと。」
P 「おおっ、あまり、千早らしからぬ発言だな。」
如月千早 「そうでしょうか?・・・自分自身が楽しむことが大切だと、みんなとプロデューサーに教えてもらったので。・・・ふふっ。」
「少し、肩の力が抜けた気がします。ここで、こうして「エターナルハーモニー」のみんなと一緒にいると、なんだか・・・。おかしい、でしょうか?」
P 「おかしくなんかないぞ、千早・・・。千早も自由な空に羽ばたけたんだな。あの、蒼い鳥のように。」
如月千早 「蒼い鳥のように・・・?・・・そう、ですね。私もやっと、自由になれたのかもしれません。時間はかかってしまいましたが。」
ジュリア 「チハ、発声練習始めるぜ。おいでよ。チハがいないと、始まらない。」
如月千早 「ジュリア・・・。ええ!今・・・。それでは、プロデューサー。」
P 「ああ・・・!プラチナスターライブの成功に向けて、今日もみんなでレッスン頑張ろう!」
全員 「はい!」

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL