GREE版プラチナスターライブ編シーズン2 -2話- 歌の高みを目指して

P 「今日は「エターナルハーモニー」のボーカル練習だ。ジュリアと千早については、あまり心配していないが、他のメンバーはどうかな・・・?」
豊川風花 「らー♪らーらーらー♪・・・うーん、お腹から声を出すって、こんな感じでいいのかな?腹筋を意識してって言っても、どうしたら意識できるんだろ・・・。」
エミリー 「風花さん、お困りでしたら、私がお手伝いしましょうか?」
豊川風花 「エミリーちゃん、ありがとう!それじゃあ、私が歌っている時に、お腹のあたりを押さえていてもらえるかな?」
エミリー 「お腹のあたりですね。・・・こうでしょうか?」
豊川風花 「ひゃっ・・・!ち、違・・・っ!エミリーちゃんっ、う、歌い始めたらでいいんだってば~!」
エミリー 「えへへ・・・♪風花さん、とってもふわふわでしゅ~♪」
如月千早 「あの、風花さん大丈夫ですか?何か問題があったら、相談してください。」
豊川風花 「千早ちゃん・・・!・・・それじゃあ、早速だけど、お腹から声を出すっていうのが、よくわからなくて・・・。・・・らー♪らーらーらー♪・・・こんな感じでいいのかな?」
如月千早 「そうですね・・・。もっとこう、体の底から声を出すというか・・・。例えば・・・、・・・らー♪らーらーらー♪」
豊川風花 「えぇっ!?千早ちゃん、すごい・・・。大きくて、ハリのある声。話してる声とは、全然違うのね。」
ジュリア 「いつ聴いてもすごいよな、チハの歌声は・・・。なんつーか、ヤバイんだよね!」
エミリー 「千早さん・・・さすがです。これが、大和撫子ということなのですね。」
如月千早 「大和撫子とは、少し違う気が。でも、これは基礎中の基礎だから、練習すれば誰でもできるようになるはずよ。私でよければ、教えられると思うけど・・・。」
エミリー 「是非、お願いしますっ!私のお師匠さまになってください。」
豊川風花 「私も♪よろしくお願いします、千早先生♪」
如月千早 「そ、そんな・・・先生と言われても・・・?ぷ、プロデューサー、私、どうすれば・・・?」
P 「どうすればも何も、力になってやればいいんじゃないか?千早はみんなのリーダーなんだし。」
如月千早 「リーダー・・・。・・・そうですよね。先生というほどのものでは、ないけれど・・・、みんな、・・・一緒に頑張りましょう!」
「じゃあ、みんな、行きましょう。らー♪らーらーらー♪」
全員 「らー♪らーらーらー♪」
エミリー 「・・・わぁ・・・♪私達の歌、だいぶ合ってきましたね。」
豊川風花 「うふふ・・・こんなにうまくできると、曲を合わせるのが楽しみになってくるなぁ・・・♪ね、ジュリアちゃん?」
ジュリア 「ああ、そうだな!なんつーか、着実に形になっていってる感じ、わるくないぜ!でもさ、こういうのもやってみない?らーらーらーらーらーっ♪どうかな、チハ?」
如月千早 「・・・!なるほど・・・、そういう表現もあるんですね。これが「ロックの魂」というものなのでしょうか?」
ジュリア 「ちょ、ちょっと、チハ、たかが発声練習だぜ?それなのに、魂だなんて・・・。いくらなんでも褒めすぎだろう!」
如月千早 「いえ、大げさな表現をしたつもりはありません。確実に、私の心で感じた事なんです。・・・少し、見えてきました。このユニットの成すべき事が・・・。」
P 「おっ?千早にはもう、ユニットの形が見えてきたわけだな。さすがはリーダーだ!さっそく、考えを聞かせてくれ!」
如月千早 「はい。個人的な考えに過ぎないのですが・・・、このユニットの皆なら、熱い「歌の魂」を表現できる。・・・歌の高みを目指して・・・それを、表現し切るんです!」
全員 「・・・!!」
如月千早 「漠然とした目標のように思えるかもしれません。でも、私は確信しています。素晴らしいハーモニーになると。あの、皆さん、私と一緒にそれを目指してくれるでしょうか・・・?」
P 「へぇ・・・なかなかすごい感じだな!どうだ?みんな。俺は、千早の言う通り、やってみるべきだと思う。」
徳川まつり 「まつりも、大賛成なのです!千早ちゃんの歌への想いは、本物です。だから、皆でそれに応えるのです。それが、運命なのです!」
エミリー 「私も賛成です!ふつつか者ですが、皆さんの共に、魂の歌を探求すれば・・・真の大和撫子に、一歩近づける気がしますっ!」
豊川風花 「私も賛成です。たしかに大変そうだけど、ロマンがあるというか、すごく純粋な気もするし・・・。よし、がんばってみます!」
P 「ジュリアは、どうだ?」
ジュリア 「あたしは・・・賛成に決まってるだろ!なんかすっげーロックじゃないか、それ!あたしは、チハや皆を信じてるよ。」
如月千早 「みんな・・・ありがとう!」
P 「よし、意見はまとまったな。皆でがんばろう!」
豊川風花 「そうは言っても、まずは何から始めたらいいんでしょうか?歌の練習はもちろんですけど、他にも何かヒントになるようなものがあればいいんですけど・・・。」
P 「ヒントか。そうだな・・・。」
ココで選択肢 赤、「ジュリアのライブに行く」 青、「まつりのお茶会に行く」※ここでは、赤を選択した内容を記述する
P 「みんなで、ジュリアのライブを観に行ってみるっていうのは、どうだ?アイドルのライブとはまた違って、いろいろ勉強になるかもしれないぞ。」
如月千早 「私も、一度ジュリアのパフォーマンスを観てみたいと思ってたの。ユニットの皆で観れば、きっと何か掴めるはずよ。」
ジュリア 「マジかー!?ま、まあ一応、来週あたり路上でやる予定はあるんだけど・・・。」
豊川風花 「まぁ、素敵じゃない♪ねえ、一緒に行こう、エミリーちゃん。」
エミリー 「はい、ぜひ♪仕掛け人さまも一緒ですよね?」
P 「ああ、もちろんだ。これも勉強だからな。」
ジュリア 「みんなが来てくれるっていうのは、照れくさいな。でも、よけいに気合が入るってもんだ!・・・あたし達のバンド、何か参考になればいいけどな。」
徳川まつり 「楽しみにしているのです、ジュリアちゃん。」
ジュリア 「ああ!皆の期待に応えられるよう、バリバリ練習して臨むぜっ♪」

 

青の選択肢を選んだ場合の内容

豊川風花 「そうは言っても、まずは何から始めたらいいんでしょうか?歌の練習はもちろんですけど、他にも何かヒントになるようなものがあればいいんですけど・・・。」
P 「ヒントか。そうだな・・・。」
「そうだ、みんなで、まつりのお茶会に行こう!甘いお菓子を囲んで話しあえば、きっといい感じになる!」
豊川風花 「お菓子・・・♪・・・は、魅力的ですけど、それってあんまり、歌と関係ない気が・・・?」
徳川まつり 「姫は、ジュリアちゃんのライブを観てみたいのです。この前ギターを練習していた曲、ぶらぼー!にカッコよかったのです。」
如月千早 「私も、一度ジュリアのパフォーマンスを観てみたいと思ってたの。ユニットの皆で観れば、きっと何か掴めるはずよ。」
ジュリア 「マジかー!?ま、まあ一応、来週あたり路上でやる予定はあるんだけど・・・。」
豊川風花 「まぁ、素敵じゃない♪ねえ、一緒に行こう、エミリーちゃん。」
エミリー 「はい、ぜひ♪仕掛け人さまも一緒ですよね?」
P 「ああ、もちろんだ。これも勉強だからな。」
ジュリア 「みんなが来てくれるっていうのは、照れくさいな。でも、よけいに気合が入るってもんだ!・・・あたし達のバンド、何か参考になればいいけどな。」
徳川まつり 「楽しみにしているのです、ジュリアちゃん。」
ジュリア 「ああ!皆の期待に応えられるよう、バリバリ練習して臨むぜっ♪」

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL