[感想] THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!! ※ブロマガ引用

こんにちは、ヘルシアです。

関東圏もついに梅雨入りが発表されましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は、週明け頃から風邪にかかり、絶賛不調中です。

さて、6/2, 3に開催されたミリオンライブ 5thライブの感想を書きたいと思います。

 

■全体的な話

スマホアプリのミリオンライブ!シアターデイズがリリースされてから1周年ということもあって、ミリシタを意識した内容でした。

更には、新しく発売された M@STER SPARKLE シリーズに収録された個人曲を2日間のライブで全39人分披露するという豪華さ。

1回4時間半程ライブを行っていたと思うと、詰め込み過ぎなぐらいです。

ミリシタから入ったプロデューサーさんには、この1年間で起こったことが一度に襲いかかってくる、ちょうど良いライブだったのではと思います。

アイマス歴の長い自分としては、予習範囲が狭く披露される曲が予想できてしまい、驚きに欠けると思ってしまいましたが、ミリシタ1stライブという体であるなら、むしろコレが初々しさなのではと考えました。

5thライブなのに、1stライブとはコレ如何にと思うかもしれませんが、今回のタイトルが「BRAND NEW PERFORM@NCE」とあるように、”真新しい公演”がテーマであり、ならば初々しさという意味にマッチするのではと思います。

武道館ライブも4thで達成してしまったので、このライブこそミリオンライブの目指す新しい道になることを期待しています。

 

■さいたまスーパーアリーナ

ミリオンライブにとって、さいたまスーパーアリーナという場所は、少し特別な場所であったことを思い出しました。

それは、「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」開催され、そしてミリオンライブの1stライブの開催が発表された場所です。

当時は、まだミリオンライブのメンバー全員が参加されているわけでもなく、また4年前なので、一部のメンバーは学生でした。

そういえば、矢吹可奈役の木戸衣吹さんは、声を震わせながら歌っていたなと思い出すなど、MCを聴きながら感慨深さを感じていました。

ミリシタ1週年の会場に選ばれた理由は、規模的な理由もあるでしょうが、過去から繋がった未来を感じさせる、良い会場選択だなと思いました。

 

■ユニット曲

私はミリオンライブにおいてはジュリアを担当しているので、その観点でいうと「HOME, SWEET FRIENDSHIP」は良かったと思います。

ジュリアは、手違いでアイドルになったというミリオンライブの中でも、特殊なアイドルです。

また、担当の声優さんも「ミリオンの彼氏」と呼ばれるぐらい、他のメンバーとは異なることを意識させられます。

他のアイドルと自分は少し違う。そういった意識が、ジュリア自身や、ジュリアをみる周りの目にあります。

そんな、ある種の孤独を感じられるような境遇の中、友情や家族をテーマにした歌に参加できたことは、大きな意味を持っていると思います。

GREE版では、コミュで仲間を大事にするジュリアが描かれることもあったため、この歌に参加できたことは、先の境遇から一歩、彼女の心に踏み込む良い機会だなと思いました。

 

■スタートリップ

ココまで長く成ってしまいましたが、スタートリップについて書きたいです。

CDでスタートリップを聴いた時、私は哀愁のようなものを感じました。

アイドルとして沢山の活動を行ったある日、ふと昔を懐かしむようなそういう心情をこの歌から想像しました。

そのため、先に作った動画では、そんな心情を表現したところがあります。

しかし、今回のライブでジュリア(愛美さん)はこの歌を笑顔で歌われていました。

その表情を見た時、「ああ、しまったな。」と思いました。

旅立ちとは笑顔であるべきではないか。

勿論、制作した動画や、その時生まれた感情を否定することはありません。

しかし、そういう解釈に気づかなかった自分が、悔しかったです。

同時に、このライブを見れて良かったとも思います。

色々な顔が見れる、解釈が見れる、そういうライブというのが、良いライブであると、個人的には思います。

 

 

以上です。

 

この記事は、下記ブロマガ記事を引用しています。(作者)

http://ch.nicovideo.jp/nullpointerexception/blomaga/ar1568037

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL